もうひとつのおうち

2016年4月に東京都の指定を受け、目黒区八雲にて公費事業として子育てのお教室、「もうひとつのおうち」を始めました。1歳から通える就園準備を目的としたプレスクール、就園後のフォローをする年少さんと年中さんのアフタースクール、年長さんのための就学準備クラス、お子さま同士の相性をみて企画をするペアレッスン、お子さまやご家族それぞれに合わせた個別のレッスンを提供しています。就学後のお子さま向けのアフタースクールは、3時間の間にグループで活動しながらも言語聴覚士や作業療法士、理学療法士や公認心理師の個別レッスンを受けられるように設定しています。

2019年1月には「もうひとつのおうち柿の木坂」がスタート。2歳から3歳のお子さまたちが1日定員6人のプレスクールで、5人のせんせいと毎日3時間共に過ごします。ほとんどのお子さまが週5回通園し、幼稚園の年少さんのような生活をするプログラムです。就園後は、平日の午後や土曜日にフォローアップとしてアフタースクールを実施。プレスクールで1年間共に過ごしたお友だちと更に仲を深めつつ、幼稚園で課題となっていることをヒアリングして作るプログラムです。言語聴覚士や作業療法士、理学療法士などによる個別レッスンも提供しており、お子さまの育ちに合わせて日々プログラムをアップデートしています。

2020年4月には、世田谷区下馬にて3つ目の教室となる児童発達支援・保育所等訪問支援「もうひとつのおうち下馬」をスタート。週5日のプレスクールと土曜日の就学準備クラスに加え、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、公認心理師などによる個別レッスンを提供しております。保育所等訪問支援では、教室に通われているお子さまたちがそれぞれの園や学校でどのような生活を送られているのかを知り、先生方と連携していくことで、より楽しく集団生活が送れるようにお手伝いをしています。

もうひとつのおうちでは、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、公認心理師、保育士の有資格者がそれぞれの専門分野からお子さま一人ひとりについて考え、お子さまやご家族がしあわせなるためにできることを丁寧に積み重ねていきます。特定の手法にとらわれることなく、生活スタイルやお子さまの性格に合わせて、遊び心いっぱいに心から楽しめる方法をご提案することを大切に、ご家族らしい向き合い方を考えていく場所です。

「正しさ」より、「らしさ」を。

お子さまらしさ、ご家族らしさを大切に、心から楽しめる子育ての形を探す道のりを共に歩んでいきませんか?。

国と自治体の給付により、ご利用料金のうち1割のご負担でご利用可能です。2019年10月からは3歳になって初めての4月を迎えた年少のお子さまから就学前のお子さまは幼児教育無償化の対象になりますので、無料でご利用いただけます。1日の定員が10名となり、空いている枠が無い場合もございますので、ご希望の際はお問い合わせください。空き状況、お申し込みは、こちらからお願い致します。