ころんファミリー

★りっちゃん

熊本県出身。一般社団法人ころん代表理事。3歳の女の子のお母さん。ハワイ大学で心理学を専攻。訪問型のコンサルタントを経て、2012年1月、目黒区東山に「一般社団法人ころん」を設立。2016年1月に同区八雲に公費事業「もうひとつのおうち」をオープンさせ、「丁寧な子育て」を軸に、お子さまとご家族の笑顔に繋がる取り組みを続けている。「我が子を毎日通わせたいと思えるお教室にしたい」と各分野の専門家のみを集め、お子さまの思い出に残るレッスンにすることがこだわり。得意なことは、編み物、好きな食べ物は果物、野菜、好きなことは、お誕生日会。

★かいりくん

兵庫県出身。心理系大学院修士。「親はせんせいではなく、お子さんの最大の理解者」と考え、お勉強だけでなく生活の中で出来る課題や声かけを提案している。お子さんとの対話を大事にし、こころを育てることをとても大切にしている穏やかなせんせい。コツコツとまめな性格で、就学後のお子さんのお勉強もしっかりとサポートできる。得意なことはお絵描き、好きな食べ物は高野豆腐、好きな遊びはお散歩♪

★たかこさん

熊本県出身。言語聴覚士。小学生の女の子を育てるママ。ころんの事務をこなしながら3年間勉強し、言語聴覚士の資格を取得した努力家。我が子と同じように、頑張ったことは褒め、頑張ってほしいことは根気よく伝える、しっかり者のせんせい。「いやだ」を「できた!」に繋げるべく、ご家族と丁寧に話し合い、表情豊かにお子さまの心を動かすレッスンをしている。得意なことは、お掃除、好きな食べ物はたこ焼き、好きな遊びはねんど☆

★なほさん

東京出身。言語聴覚士。幼稚園に通う女の子のママ。中学生の頃から心理学に興味を持ち、早稲田大学で認知神経心理学を学ぶ。卒業後、言語聴覚士の学校に進むが体調を崩し1年間休学をする。休学中に子どもたちと出会い、学校復帰後小児分野を中心に勉強し、卒業後は言語聴覚士として、施設や訪問リハビリテーションの場で言語療法を行う。2016年4月に任意団体「のびのびと」を設立し、こどもたちそれぞれが「のびのびと」成長できる形を探し、その実現の為の仲間の1人になるべく活動をしている。好きなことは、ダンスとお花。

★なっちゃん

神奈川県出身。言語聴覚士元バスケ部キャプテン。素敵な笑顔と元気な声で、みんなを明るくしてくれるせんせい。子どもたちと向き合う仕事をしたいと小児分野に対応できる言語聴覚士を目指し、資格を取得。もうひとつのおうちにて、着替え、食事、トイレなどの身辺自立課題についても学び、2歳のプレスクールのせんせいとして、言葉の引き出し方に加え、就園前に必要なスキルをさりげない手助けをしながら習得できるように子どもたちをサポートしている。好きな食べ物はお肉とお好み焼き。好きなことはディズニーランドに行くこと。

★りょうこさん

福井県出身。臨床心理士。自治体の保育カウンセラーとして、保育園・幼稚園を巡回し、行動観察や発達検査、保護者相談を行う。乳幼児健診、市の発達教室事業の実施、就学支援委員会への参加など、就学前のお子さまとの約10年間向き合い、より直接的な支援をしたいと、民間の児童発達支援事業に転職。児童発達支援管理責任者としての業務、個別レッスン(週15ケース)、グループレッスン(週3グループ)の提供を行う。現在は、フリーランスでのレッスンを提供する傍ら、週3回、もうひとつのおうちに勤務している。

★ゆりさん

奈良県出身。児童発達支援管理責任者。専門学校を卒業後、お子さまの生活がより豊かになるようなお手伝いがしたいと入所施設で6歳から18歳までのお子さまと向き合うようになる。震災をきっかけに新しいことにチャレンジをしたいと決意し、児童発達支援管理責任者として、3年間就学後のお子さまに自立、就労に向けてのトレーニングを行う。お子さまの自分らしさを大切に各分野の専門家がご家族と向き合う、もうひとつのおうちの在り方に共感し、児童発達支援管理責任者となる。得意なことは、球技、陸上等のスポーツ全般。好きなことは、プロレス観戦。好きな食べ物は、魚料理。

★かおりさん

埼玉県飯能市出身。心理学修士。高校生の男の子と小学生の女の子のお母さん。慶応義塾大学を卒業後、ハーバード大学で心理学修士を取得。3歳よりピアノを始め、10歳よりヤン・ホラーク武蔵野音楽大学教授に師事。パリ・エコール・ノルマル音楽院ピアノ科にて、ジェルメーヌ・ムニエ女史に師事、Brevet d’Executionを取得し、卒業。土曜日のピアノレッスンと音楽療法を担当する。得意なことは、ピアノ。好きなことは、読書とお散歩。