私たちについて

ころんって?

虹色の個性を大切にみんなで育つ、もうひとつのおうち。
お父さまお母さまとお子さまの成長のためにできることを考えるお教室です。

ミッション

お子さまのくやしそうな顔やくしゃくしゃの泣き顔が、「できた!」や「えへっ」のキラキラした顔にかわるように、苦手なことや難しいことにも向き合う心を育てること。

お父さまお母さまこそがお子さまの一番の専門家であるという自信を持ち、楽しみながら子育てができるよう、お手伝いをすること。

明日を笑顔で迎えられるように、ひらめきの種をまき、小さな「できた!」の芽を大切に、きれいな花が咲いて実るまでご家族と共に歩むこと。

虹色の個性を持つお子さまたちは、それぞれ違う素敵な色を持っています。

成長するにつれて、お友だちの色や園・学校の色が混じって、日々変化していくのも面白いです。大好きなお友だちの好きな色に染まってみたり、ちょっと嫌なことがあって暗い色になったりするのも、お子さまと一緒に楽しめたら素敵ですね。

お子さまを大切に思う気持ちが大きいほど、お子さまの色の変化を心配し、だれかに相談したくなることがあるかもしれません。そんな時に気軽に相談できる場所、どんなときも安心できる場所として「もうひとつのおうち」を作りました。お母さまのお気持ちに寄り添い、初めてだったり、難しかったりすることもお子さま目線で好きになる方法を探していけたらと思います。

子育てをしていると周りと比べて、焦ることもあります。でも、「頑張らなきゃ!」と気合いを入れ過ぎてしまっては、ご家族の大切にしたいことさえ、見失ってしまうかもしれません。どうしたらいいのだろうと夜な夜な調べものをし、眠れない夜もおありになるでしょう。

私たちができることは、多くはありません。お子さまが自ら考え、選び取り、学べる環境を整え、機会を作って励ましつつ待つこと、それだけです。「もうひとつのおうち」では、答えをすぐに教えることをせず、環境設定や演出を工夫し、お子さまが自らがひらめき、自分のタイミングで一歩を踏み出せるように支えることを大切にしています。

お子さまの時間の流れは、私たちよりのんびりしているようです。だから、「はやく!」と言ってもどうにもならないことの方が多いのかもしれません。お花だって、たくさんお水をあげたら早く芽が出るというわけではないのと同じですね。

お子さまもお子さまのタイミングで芽を出し、1日1日の変化は大きくなくても、1週間、1ヶ月、1年と確実に成長していきます。お子さまが自分らしい色の花を咲かせるのをワクワクしながら待てるような心のゆとりを持てるように私たちにできる限りのことをしてまいります。

「みんなが笑顔で、その笑顔の真ん中にお子さまの笑顔がある。」

そんなご家族の在り方を実現するために2012年の設立から約8年、たくさんのご家族と共に歩んできました。「もうひとつのおうち」では、言語聴覚士や作業療法士、公認心理師や保育士など各分野の専門家が「せんせい」としてではなく、より家族に近い存在として、お子さまと向き合っています。「せんせい」と呼ばれることも多いですが、みんな全く「せんせい」っぽさはなく、親戚のお兄さんお姉さんという感じです。

2016年の4月からは、公費事業「もうひとつのおうち」も始まり、とても賑やかになりました。八雲にある自宅は、1階と2階の半分を「もうひとつのおうち」として使っています。ご家族のご負担が1割となったことで念願だった1日3時間週5日お預かりするプレスクールをスタートさせることができました。

2019年1月からは都立大学駅近くに「もうひとつのおうち柿の木坂」をオープン。駅から3分の緑道添いにある可愛らしい外観のおうちです。2020年4月には、碑文谷公園の近くのレンガのおうちで「もうひとつのおうち下馬」がスタートしました。下馬では保育所等訪問支援も提供しています。

レッスンでは、お家の中で工作をしたり、遊んだりするだけでなく、中庭のブランコや近くにある衾町公園、東根公園、駒沢公園、碑文谷公園、パーシモンホールなどにも行き、身体を動かして遊びます。行き帰りにペースを合わせて歩き、目に入るものを触っては、言葉で表現してみるのも楽しいです。

お買い物にも行きます。初めは目的の物が買えたのに、次の時は品切れなんてハプニングや、遊んでいたらお買い物に行く時間がなくなっちゃったなんて日も作って、どうしたらいいかをお子さまと一緒に考える…そんなちょっと捻りをきかせた演出も大好きです。

イタズラ心いっぱいの演出は、時にお子さまを不安にさせてしまうこともあります。「こうじゃないと!」が多いと、心がザワザワして落ち着かないですよね。そんな時は、「ここまでだったら頑張れるかな?」、「これでもきっと大丈夫かもしれないよ!」とお子さまの様子を見つつ、できるところまでやって気持ちの切り替えの練習をしています。

いつもとは違う経験を少しずつ重ねていくことで、どんなことにもおおらかにじっくりと向き合えるようになり、楽しめる世界が広がる感覚が持てるはずです。そして、その心のゆとりは、きっとお子さまとご家族が笑顔で明日を迎えるための力になるはず。そう願っています。

「もうひとつのおうち」は、お子さまの自分らしい色を大切に、お子さまとご家族がしあわせになるためにできることを考える場所です。

「好きなことを一緒にやったら大好きになった。」「ちょっと苦手なことも一緒にやったら好きになった。」そんなお子さまの変化は私たちにとって、なによりの宝物。毎日のレッスンがお子さまとご家族の大切な思い出になり、ご家族が子育てを心から楽しめるように、私たちにできることを丁寧に続けてまいります。「遊びにいってみたい!」と思われたら、気軽にご連絡くださいませ。

今日も笑顔で過ごせますように。     
               

一般社団法人ころん 代表理事
もうひとつのおうち 代表
ますなが りさ

ご寄付のお願い

もうひとつのおうちでは、お子さまとご家族が笑顔で安定した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の幼稚園のような環境設定を大切にしております。

今後もお子さまたちの自ら学ぶ力を引き出すことのできるお部屋作り、衛生面・安全面への工夫を重ね、より良いレッスンを提供していくために暖かなご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2019年1月には2つ目の児童発達支援教室「もうひとつのおうち柿の木坂」をオープン。2020年4月からは「もうひとつのおうち」を就学後のお子さまたちの第3の居場所とするべく、平日の放課後等デイサービスの枠を増やし、プレスクールの枠を拡大するために世田谷区下馬に3つ目の教室「もうひとつのおうち下馬」をオープンしました。

「もうひとつのおうち下馬」では、地域の園や小学校を訪問し、その中でのお手伝いをする保育所党訪問支援の提供始めます。

寄付金の用途の詳細に関しましては、ご報告させていただきますので、まずはcolon.family.net@gmail.comまでお問い合わせください。

三菱UFJ銀行 
三軒茶屋支店 普通 0095481
一般社団法人ころん 代表理事 舛永理早